まずは、来院前に電話でご連絡ください!

夏前までは新型コロナと言えば、「発熱」と言う事で、皆さんも毎日熱を測ったり、医療機関でも熱の有無で患者さんを区別して診察しておりました。しかし、最近の変異株と言われている「デルタ株」では、これまで新型コロナを疑わせる症状とされていた「熱」「乾いた咳」「味覚・嗅覚障害」は必ずしも伴わない場合も見られる様になりました。寧ろ、最初は「頭痛」や「喉の違和感、痛み」「鼻汁」などの症状が最初であることも多く、「これってかぜ?」となかなか区別がつきません。一方で、SARS-COV2ウイルスに感染しても、殆ど自覚症状を示さない人も多数いることも当初より解っており、結局「飲み屋」ではなく、何時何処で感染するのか解らない例が多数あります。

当院では「カゼなのか、コロナなのか解らない」とか「ちょっと体調が悪い」とか「身近な人がコロナと言われたので心配」という方の診療を行い、必要に応じて「SARS-COV2感染症検査」を行います。
実施しているのは、

1.核酸検出法(PCR法、NEAR法)
SARS-COV2ウイルスに時的な遺伝子を増幅、検出する検査法で、症状の有無、強弱にかかわらず検査可能です。

NEAR法・・・自分で鼻腔を拭うか、鼻咽頭からの検体(インフルエンザ検査の様に)で行います。院内で行いますので、検査開始から終了までは15分ほどです。


https://www.globalpointofcare.abbott/ja/product-details/id-now-covid-19.html
PCR法 ・・・唾液を使用して行いますが、院内では検査出来ないため検査結果は早くて翌日以降になります。

2.抗原検査
ウイルスの抗原を検知する検査法です。インフルエンザの診断に広く行われている方法と同じです。検体は鼻咽腔から綿棒で採取します。判定には約5分間ほどかかります。
当院では、「アルソニック COVID-19 Ag」キットを使用しています。


https://www.info.pmda.go.jp/downfiles/ivd/PDF/530258_30300EZX00010000_A_01_01.pdf

3.抗体検査
今までSARS-COV2ウイルスに感染したかどうかの指標にはなりますが、確定診断の検査ではありません。当院では実施しておりません。

以上の検査を「保険診療」として行っておりますが、この他に「ワクチンパスポート」の為とか会社などで「陰性証明書」が必要な場合などは「自由診療」として検査を承ります。

金額や検査に関するお問い合わせは、下記にご相談ください。

☎ 03-5849-5611
📠 03-5849-5613
💌 cosmosclinic-info@shinmeikai.or.jp